読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー、ウイイレ、最新情報

Jリーグ、海外サッカー情報やウイイレのことを書いていきます

アジア最終予選タイに4−0の快勝!でも課題の多い試合と内容からしたらタイの方が上だった。

昨日、アジア最終予選のタイ戦があり4−0で快勝を収めました。

 

ですが、たくさんの課題があり相手がタイだから勝てたもので内容からしたらタイの方が上だった。W杯がもう厳しいタイからしたらもう消化試合みたいな感じでもっとゆっくり試合に入ってくるかなと思いましたが予想とは違って前半からプレスが早く、日本のパスミスも目立ちはしたね。

 

パスミスが目立つのはそのことだけではなく、今回のダブルボランチのチョイスも原因になっていたのかと思います。長谷部、今野の怪我での離脱。元々怪我持ちだった高萩も怪我で離脱。本職もボランチができる選手が山口だけとなった。

 

ここでハリルの選択肢として、酒井高徳の名前を出した。確かに、フィジカルやジュエルの強さはあるが、ビルドアップや試合を作ったり落ち着かせたりはちょっと厳しい。そして、サイドバックでフリーの時でもパスミスが目立つことがあった。

 

今回の試合を見ていてもやはりパスミスが目立った。あとは吉田や森重のDFラインのパスミスも目立ったがそこはパスコースがなくなり無理なパスがあったから。ボランチの顔出しが少なかったせいもある。

 

初めからパスを回すことは今回はせずに、中盤を飛ばすことにしたのかもしれない。その戦術として岡崎の起用。久保と原口も裏に抜ける動きがいつもの試合より多かった。普段はあまりしないことなので、DFも蹴ることに少し躊躇した部分もあったが、1点目の起点になった森重から久保へのフィードは素晴らしかった。そのパスから、香川が最終予選初ゴール。そして、久しぶりの代表でもゴールとなった。いつも、あそこまで吠えることのない香川が吠えたあの姿を見たとき、きっとホッとした気持ちもあったんではないでしょうか?

 

香川が攻撃に加わるとやはり、いいリズムで攻撃が出来るしバイタルエリア、ペナルティエリア内でも香川は一味違う。守備も大事だが、香川には攻撃に専念させてもいいとは思いますね。

 

今回のタイ戦も久保が見せた。代表だと別格な気がしますね。パス、ドリブル、トラップ全てで違いを見せれる。3点すべてに絡んだ久保。

1点目は先ほど言ったもの。2点目は久保からのピンポイントクロスから岡崎の代表50点目のメモリアルゴールをアシストした。3点目は、スローインからもゴールをワンタッチで絶妙なところに落として、自分でも打てるし香川にも出せた。結果、自分で打つことを選択して左足でもミドル。逆足の制度も抜群。

 

23歳の久保は、今回と次回のW杯では中心選手になることはもう間違いなし。ここに東京世代(久保くん)が来た時、どんな化学反応を起こすのか楽しみになりますね!

 

次の試合は6月13日(火)アウェーイラク戦になります。ここは勝ってオーストラリアとのホーム戦で引き分け以上でW杯出場がベストです。最終節のサウジアラビアまで持ち越すのは避けたいですね。